Honey Girl Waterwear

サーフィンなどの激しいスポーツでもずれない機能性、トロピカルなオリジナルプリントに究極の着心地を追求したハワイの水着ブランドHoney Girl。

アラモアナヨットハーバーに浮かぶボートで育った日本人のハーフデザイナー、ルイーザ・ナムが1997年にスタートしたブランドです。

だれよりも昔から、ビキニでサーフィンをテーマに水着をデザインしてきた経験が生かされたHoney Girlは、「いちど着たらやめられない!」と日本でも多くのビーチガールから支持されています。

Honey Girlが他の水着と違う理由

リバーシブル

ほぼ全てのスタイルがプリントと無地のリバーシブル。4種類の組み合わせができます。

生地の厚みと丈夫な縫製 

水着は厚み4~5オンスが多い中、Honey Girlは厚み6オンスにダブルステッチで水着が長持ちします

4ウェイストレッチ素材

方向ストレッチの生地がボディーラインをキャッチしてしっかりフィット。ひもがほどけてしまうこともありません。

伸縮性のあるパッド

程よい厚みと伸縮性に優れたパッドは水着に縫い付けられているので中で動きません。

体のラインを崩さずサポート

体のラインを崩さずしっかりサポートしてくれるゴムが全体に入っています。

様々なデザインと機能

さまざまな型とサイズで、どんな体型でもかならじぴったりの一枚がみつかります。

オリジナルプリント

毎シーズン発表される大胆でトロピカルなオリジナルプリントが人気です。

Made in USA

Honey Girlはハワイでデザインされハワイとカリフォルニアで縫製されています。

デザイナーからのメッセージ

わたしがハニーガールのオーナーデザイナーとして水着のデザインを始めたのは必要に迫られたからでした。わたしは24歳までワイキキのボートの上で暮らしていて一年中水着を着ていたので、かなり早い時期から機能的な水着の必要性を感じていて、水着デザイナーになることは私の夢でした。

そして1997年、ついに最初のコレクションを発表してわたしの夢は実現しました。以来ハニーガールを着てくれるお客さんのニーズに合わせてその機能性もどんどん進化しています。すべてのデザインはチームに所属しているサーファー、ボディボーダー、パドラーたちによってテストされています。

商品のクオリティはもちろん、すべてアメリカ製であること、そしてとくに機能性と調節しやすいデザインには力を注いでいます。私たちがこの水着をつくるのと同じくらい楽しんでハニーガールの水着を着ていただけたら嬉しいです。

デザイナー/代表取締役

ルイーザ・ナム

IMG_5753.jpg
オフィシャルオンラインショップ

TROPIC OF PARADISE

© 2020 by FLUXE

  • Facebook App Icon
  • Instagram App Icon